少子化対策として最も良いと思われる政策をひ

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-30 00:00
少子化対策として最も良いと思われる政策をひとつ教えて下さい。共感した0###子育てした方が得となる政策が必要です。具体的に下記の2点は差別化するべきですね。1、児童手当の増額。 子供一人に対し月5万円位給付してほしいですね。 で、3人目以降はさらに増額。 そうなると、パートより高収入となり、夫婦のうち1名が子育てに専念でき、 職場復帰するより、子供一人余分に育てることを選択する世帯が増える。 うまくいけば、待機児童問題も解消されるんじゃない?2、老後の社会保障の差別化 子供の人数に応じて、年金を増額させる。 子供一人につき月2~3万円増額ナイス0
###超未来型ベーシックインカム昭和30~50年代の高度経済成長ナイス0
###右寄り政策なら社会保障の大幅削減・廃止特に高齢者向けの年金・生活保護・医療自己負担など中東やアフリカなどで社会保障政策導入による出生率低下が確認されているの逆政策顕著な例として社会・文化・生活などのレベルが殆ど同じイラクは出生率約4.5、社会保障を広く導入しているイランは約1.6で約3倍違う社会保障がない・少ない国は結婚・出産しないと老後や病気の際に死ぬ確率が高いので未婚=短命、一部金持ちなどは別だが全体として結婚・出産しないと生き残れない社会左寄りにするのなら社会保障の削減+移民+公務員増員北欧・欧州圏が行っている、少子化対策に予算を回すために社会保障削減今のところ一番はロシア、年金支給開始年齢を平均寿命程度まで引き上げて少子化対策予算の捻出を行おうとしている出生率回復が一番高いフランスは少子化解決に至らず財政負担を理由に予算削減を行ったために出生率下落が続いている現在欧州で出生率2を超えている国はゼロその代わりに移民を入れて労働力などを維持しようとしている一般動労の内単純労働は移民、非単純労働や公務員を国民が担う移民関連・少子化関連の人員に大量の公務員雇用を行うことで安定した収入によって婚姻率を上げる効果もあるただし少子化解決には至っていない、先送り策どちらにしても少子化対策予算捻出のためにはどうやっても社会保障削減するしかないどのような政策を粉うにしても予算確保のための社会保障削減が必須予算を使った個別の政策に関してはお金は効果が低いことは明らかに確認され最近はドイツ政府が失敗を認めて現金から物・サービスへ政策・予算を切り替えたことで出生率43年ぶりの高水準となった、同様のことは少子化政策の歴史で何度も確認されている物・サービス提供のための公務員、労働力に移民を入れ増税してできる限り少子化に予算を回す先進国アメリカは右寄り政策で所得が低く、社会保障も少ない黒人・ヒスパック系の出生率が高いナイス0
ico_check不適切な投稿でないことを報告###子供を産むと得だという事が沢山あればあるだけ、産んだ方がいいんだ。という考え方になりますね。例えば子供の数で年金の受給額が変わるとかね。今だと妊娠してお金がかかり、出産にもお金が沢山かかり、育てるのも多大なお金がかかる。。。ナイス0
###「家庭を持って子供を育てて一人前」の風潮を復活させること。これしかないと思います。お金がないから、将来が不安だから、雇用が不安定だから、みたいにみんな産めない理由を作るけど、貧乏でも産む人は産みますし。産まない人は産めない理由が解消されて金ができても仕事が安定しても産みません。ナイス0
###女性の人権ガン無視でいいなら、女性を戦前くらい社会に出にくい世の中にする。大学とかにも行かせないようにして。で、昔みたいに男性の所得を高くする。そうすれば女性は早く結婚しますし、早く結婚すれば妊娠する確率も高くなりますし、働かずに家で子育てに専念できるなら、子どもを複数人産むでしょうし。少子化対策には間違いなく効果的だと思いますよ。もちろんそれがいいことだとは思わないし、今の時代に女性の人権ガン無視とか無理だし、こんなに労働人口が少なくなってきている時代に女性を働かせずに男性が高給って無理だし、実現は不可能だと思いますけどね。ナイス0

 

TAG