漢字の部首についてです。

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-30 00:00
漢字の部首についてです。この漢字の部首を答えろと問われる時、どれが部首なのか分かりません。例えば、騰の漢字が馬のように、馬の上の部分は無視されていて、一つ一つの漢字の部首を首都のように覚えなければならないのですか。共感した0###レアケースのみを覚えるようにすれば大丈夫です。もちろん、そのためには一字一字確認する必要がありますが。例えば「氵」が左側につく漢字の殆どは「水部、氵(さんずい)」です。しかし、中に「酒(部首は酉)」のような例外があります。「落」「薄」(部首は艹)などのように左側全体でないものを除けば、例外は「酒」のみです。その他「氵」が左側全体につく漢字汁汗汚江池決汽沈沖没沢河沸油治沼沿況泊泌法泡波泣泥注泳洋洗洞津洪活派流浄浅浜浦浪浮浴海浸消涙涯液涼淑淡深混添清渇済渉渋渓減渡渦温測港湖湯湾湿満源溝溶滅滋滑滝滞滴漁漂漆漏演漠漢漫漬漸潔潜潟潤潮澄激濁濃濫濯瀬これらは全て「水(氵)」です。その他、部首が「水(氵)」で、左側全体でない漢字準例をもう一つ「門」のつく漢字(部首が門)門閉開閑間関閣閥閲闘例外問(部首は口)聞(部首は耳)※ちなみに、このうち「闘」は、旧字体が「鬪」で「鬥(とうがまえ)でしたが、新字体「闘」になってから「門」が部首となりました。(これは覚える必要はありません)このように例外的なもの、特殊なものは数が少ないので、それだけを覚えれば問題ありません。また質問にある「騰」のように「龹」を含む漢字は常用漢字で8字で、そのうち6字は券(部首は刀)巻(部首は己)拳(部首は手)勝(部首は力)謄(部首は言)騰(部首は馬)のように「龹」の下の漢字が部首となります。例外(というより形の特徴が他6字とは異なりますが)「龹」を含めた全体の上に「艹」がある「藤」(部首は艹)「龹」を含めた全体を「囗」で囲っている「圏」(部首は囗)ナイス0
###皆さん回答ありがとうございます。すごくためになりました。###受験生ならばチョット軽く触る程度に覚えておくといった程度で十分です。わからない文字があってそれを辞書で調べる人にとっても、辞書を編纂する側の人にとっても部首によって漢字を仕分ける方法には問題が大過ぎて、現代の漢字教育に合わないものとして、適切な方法でないことが分かってきています。 近い将来には辞書の部首分類法はなくなって新しい分類法が提示されることは火を見るより明らかです。 漢字の本場中国においては、既に四角号碼とから五笔検字法その他いくつかの方法が実用化されてきています。 部首の勉強が受験範囲に入っていたとしても他の分野で得点できるのであれば捨て去ってもいいでしょう。ナイス0
###そうですね。これという法則はないので、覚えるしかないとおもいます。ナイス0

 

TAG