テニスのアップの時にするショートラリーなの

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-17 00:00
テニスのアップの時にするショートラリーなのですがバックハンドで緩く打てないです。どうしても緩く打とうとするとかすってネット超えなかったりネット越すために軽く振り抜いてても少し強い打球になってしまいショートラリーで打つ打球じゃなくなっちゃいます。何かいいコツとかアドバイスありますか?よろしくお願いします。バックハンドはシングルハンドです。共感した0###実際、僕もあなたと同じ状況でやっている者です。やはり、自由度の低いバックハンドは、概して「細かな操作がしにくい」ショットですよね。自分がバックハンドショットにおいて心がけているのは、強いボールは水平スイングだし、回転系ボールはいかに打点の下から振り上げるか、ということです。であれば、当然ながら「飛ばしてはいけない」ミニラリーでは、より下から振り上げる動作を入れることが重要だということです。気を付けている点は、極力「開かない」ようにすること。つまり、右利きであれば、「右の流し目で打ち終える」こと。もっと具体的に言うと、閉じた右肩をスクエアになるまで開き、それ以上は開かないようにすること。そうすれば、上記の右の流し目で打ち終えることができます。ボールが飛んでいく様は見ないほうがいいでしょう。感覚的に「あそこに飛んでいくだろう」という部分をちゃんとコート感覚として感じられれば、その日は多分快適に打てるでしょう。気をつけなければいけないのは、「ミニラリーとロングラリーは別物である」という意識ではいけないということです。両者は、いつ何時でも、不意に起こりうることであり、交互に起こることでもあります。そのへんのコート感覚上(コートのどこにいるか)で随意に発揮できるものでなくてはならないことです。究極の目的は、強い(速い)ボールと回転系のボールの使い分けができることです。つまりは、コートのどこからでも思い描くボールが打てることが理想であると思うわけです。そういう意識でミニラリーを「こなしていく」ことは、重要であると思います。どんな練習も、意味のないものであってはいけないのです。ナイス0
###コツとしては、「厚いグリップで前打点」。薄いグリップだとどうしても打点が体に近くなり、当たりが厚くなりやすい。すると、スピード超過でエリアに収まりにくい。前打点で下から上に擦り上げる感覚が重要。浅くて打点が低くなったボールをアングルに持っていくことが容易になります。ミニラリーをスライスばかりで「逃げて」いると、いつまでたってもそれはできません。よく、「そぉ~っと」入れに行っている人を見ますが、ミニラリーの意味がほとんどありません。回転の感覚を「より早く取り戻す」ためには、ある程度振っていかないことには始まりません。
###皆さまアドバイスありがとうございます。ベストアンサーは詳しく説明して下さった方にしたいと思います。皆さまのアドバイスを意識してやってみたいと思います!###スライスで打つナイス0
###腕の力をうんと抜いて、振り抜いて面に当てるだけで打てばいいです。ショートラリーの目的は、正確に打つ練習なので、これができるようになれば、もっと上手くなれる、と思います。ナイス1
###ゆっくり一定の速度で振るナイス0

 

TAG