プログラミング(Python等)を初歩の初歩からや

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-02-09 00:00
プログラミング(Python等)を初歩の初歩からやっているのですが、「文」がstatementであり「式」がexpressionであるのは、一体どういう違いなのでしょうか?expressionって普通は「表現」「表情」のように訳しますよね? expressionはstatementに似ていて、違いがよく分からない言葉に思えてしまいます。もしくは、人間の顔面の表情を意味する言葉に感じられて、プログラミングの「式」と何の関係があるんだろう?と困惑してます。"formula(式)"のほうが、statement(文)との違いがはっきりするように思えるのですが・・・。expression(式)でなければならない理由でもあるのでしょうか?この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###ど日本人で、native な英語感覚はない人ですので、自信はございません。m(;_ _)mPython に限らず、プログラミング言語の多く(の文法)で文・式 という用語は登場します。文法定義上の用語は、たいてい statement, expression だと思います(私の経験範囲では)。それに慣れてしまったせいかもしれないけど、 私は formula といわれると違和感感じる。私の感覚では、formula は・公式なので。実際どうなんだろ? と興味感じ、ちょっと調べてみました。和訳結果見ると、違いがわからない。ほんとに根拠ない話なんだろか、nativeの感覚ではどうなんだろ、としつこく探してって、見つけたのが以下。私は納得しました。https://ameblo.jp/saglasie/entry-12275551366.html・= sign を持たないのが expression だなら、プログラミング言語の先人が expression という用語を用いたのは、きわめて自然だったのではないでしょうか。ナイス0
###皆さまありがとうございました。プログラミングやIT分野では、やはりコンピュータサイエンスで学位取得した英語ネイティブが有利なのかな、と思いました。ベストアンサーについては迷いましたが、最も理屈立てて理解できそうだと思われた回答にお送りいたします。###ikt*さんの示されたリンク先から辿ってみると、恒等式:identity等式:equation公式:formula数式:expression[関係演算子<=>を含まない]なんですね。初めて知りました。そして、Nativeな人で無ければ結構イイ加減な定義で使い分けている様子ですね。まぁ日本語単語でもテケトーな日本人とか居るから仕方無いのかも。formulaは不適切でしょうね。単なる a+3 とかは二次方程式の解とかの 定義 には なりませんが式とは呼べますし。ナイス0
###はい、それは初期の時代のプログラマー達が「そう決めてしまった」からです。プログラミングの世界では「曖昧さは殆ど許されない」ので、一度決めたことは、その意味で使い続けないとダメなのです。それで日常英語とは1線を隔した「技術用語」になっています。このため、コンピュータ関係の専門書を普通の何も知らない通訳が訳すと「技術的には出鱈目な文章」になってしまうのです。もう、こういうもので、普通の英語ではないんだと割り切って覚えるしかありません。ナイス0

 

TAG