フィリップ・K・ディックの『高い城の男』に出

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-02-11 00:00
フィリップ・K・ディックの『高い城の男』に出てくる架空小説(ドラマでは映画)『イナゴ身重く横たわる』というタイトルは、どういう意味、或いは、感覚を暗示しているのでしょうか?。共感した0###以下のサイトに、小説・映画のどちらについての『イナゴ身重く横たわる』について書かれています。https://www.bustle.com/articles/125093-what-is-the-grasshopper-lies...The grasshopper is an image related to a specific Bible verse, Ecclesiastes 12:5, in which it says, "Also when they shall be afraid of that which is high, and fears shall be in the way, and the almond tree shall flourish, and the grasshopper shall be a burden, and desire shall fail: because man goeth to his long home, and the mourners go about the streets." In alternate versions, it may read, "the grasshopper drags itself along," but both speak to the idea that man cannot bear the least burden.イナゴは特定の聖書の一節、聖書の書第12章5節に関連したイメージです。その中で、「彼らが高くなることを恐れるようになり、恐れが邪魔され、アーモンドの木が繁栄する時、そしてバッタは重荷になり、欲望は破綻するだろう。なぜなら、人は彼の長い家に行き、そして会葬者は通りを歩き回るからである。」代替バージョンでは、「それはイナゴは自分自身を引きずって動く」と読むかもしれませんが、どちらも人間が最小の負担に耐えることはできないという考えに語っています。以上は、英語が苦手なのでソフト翻訳そのままで誤訳があると思いますが。以下は上記からの私の独自の解釈です。イナゴは枢軸国のドイツ・日本のことで、この『イナゴ身重く横たわる』という連合国が勝ったという架空の話を気にしていたらそれが負担になっていずれ動けなくなる(話が本当になる)ということだということで、高い城の男というのは、イナゴがジャンプしても届かないという意味だと思います。ナイス0
###回答ありがとうございます!なるほど。なんとなくイメージはわかりますが。勝敗が逆転した世界の中に、さらに勝敗を逆転した、つまり現実と勝敗だけは合致した小説があるという入れ子設定が面白そうだったんですが。その題名が、チンプンカンプンで。基督教文化にどっぷりつかってないと、聖書の字面を読んだだけではピンときませんね。フィリップ・K・ディックは、評論とか人の話しだけ聞いてるとすごく魅力的何だけど、日本語訳の小説を読んでもなんか話の展開のテンポが合わないみたいで、なんか読みにくいです。Amazonで、『高い城の男』のドラマをやっていたので、ドラマなら見やすいかなと思ったけど、どうもなあ~といった感じで、今一つです。
###回答ありがとうございます!助かりました!

 

TAG