スポーツや教育、指導に携わる方々へ質問です

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-17 00:00
スポーツや教育、指導に携わる方々へ質問です。僕は今、17歳で地域の小中学生へバスケを教える事になりました。教えるといっても全員が未経験で難易度が高めの練習はしません。しかし、未経験ゆえバスケを途中でやめてしまったり、続かない事があると思います。そこでコーチのしての経験がない自分は教わりにくる子供達へどうバスケの楽しさ、良さを教えようか迷っています。ただ褒めすぎや強い口調での指導、ただきついだけの練習は真にバスケの楽しさは伝わらないと感じ、子供達自信にバスケの楽しさや良さを見つけてもらいたいのですがどういった事をすればいいのかわかりません。コミュニケーションをとり、子供達自信がバスケの1つ1つのプレーについて考えてもらい、自ら進んで取り組んでもらいたいと思います。どういった指導が子供達のやる気や意欲を引き出せるのでしょうか。アドバイスがほしいです。補足自分がやってきたスポーツに少しでも興味がある子供達が経験してみようと思ってくれているならせっかくなので続けてほしいと思います。共感した0###ポイント①ほとんど初心者と言える子供達に対して上から目線ではなく上から偉そうではなく同じ高さの目線で子供達と貴方が接し続けられるのか?ポイント②10を教えても8,9が出来ず 出来ても1,2という相手に対して 気長に怒ったりせず 接し続けられるのか? 時々でも出来ている1,2について 大いに褒めてあげる指導を貴方が出来るのか?貴方が①②を指導者としてしっかり出来ていたら 教え子たちが辞めたりする事はありませんし 教え子達は 時間は掛りますが必ず少しずつ成長して行きますナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###私も子供たちにバスケを教えています。指導の基本は褒め称える事。これ無しにして子供たちの成長はありません。皆の前で褒め称えましょう。そして同じくらい重要なのは上記に書いたことを絶対条件とした上で注意する時は厳しくする事。大人でさえ楽な方に行ってしまう甘えがあります。子供は自分で自分に厳しくできません。今の自分にないものを手に入れるからこそ人は進歩していきます。人の意見や言葉、価値観や考え方の違いや好み・・・これを受け入れなければ成長していかないのが本質なんです。好きと言うのはね嫌な思いをしないとか自由にできるとかやりたいことだけやれば良いと言うものではありません。そんなものは必ず飽きて中途半端で終わります。自分が自分でそこに心血を注いだ事実や経験が好きになる減点になります。重要なのは自分の行動で回りが喜び、楽しみ、称賛する環境です。自己満足ではない周りの声や必要とされる喜び。その環境や雰囲気を作るのが指導者の仕事です。練習メニューや決まりよりもその中で指導者としてどんな言葉や指示を与えるのかです。皆の前で褒める、出来るだけ個々に注意する事です。必ずその中で先頭に立って皆を引っ張る存在と足を引っ張る存在の子が出てきます。その子たちをどう指導していくかがカギとなります。皆同じように平等に指導する・・・これは間違いです。その子にはその子なりの指導が必要であり、皆誰一人同じ子は居ません。同じと言うならば失敗や間違いは誰でもあって決して駄目と言う事ではなくしょうがないこと。それと同じで失敗や間違いをしたら注意される事も当たり前でしょうがないこと。失敗や間違い、カッコ悪い、これを恐れる子が大変多いです。これを出来るだけ早く沢山出し切ってこそいち早く進化、進歩していくのが人と言うものだと理解させましょう。だから本気で叱ったとしても良いことをした次の瞬間皆の前で称賛される事で子供達は皆キラキラ輝いた目で見る見る上達し成長していきます。勝つ事だけを目的とした指導者なんて日本や世界の頂点を目指す場合にしか必要ありません。色々考えずに悪い所よりも一人一人の良い所を見る目を常に意識する事に心血を注ぐことです。良い所を見つける目を常に持つ事、それを最大限に伸ばす事。それが指導する人にとって必要最低限の資格です。ナイス0
###チームじゃないなら厳しくする必要はないし楽しく、出来そうで出来ない、出来なそうで出来るメニューを組んであげれば良いだけ。あとはバスケで遊びたい子が集まるのか、上手くなりたい子が集まるのかで変わっていくと思う。ナイス0

 

TAG