高1男子です。バレーボールをしています。県一

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-17 00:00
高1男子です。バレーボールをしています。県一位を目指しています。ディグのコツを教えて欲しいです。できれば上のレベルの回答が欲しいです。厚かましいですが、お願いします。補足サーブキャッチのことでもいいです。自分はディグリベロです。共感した0###県一位を目指しているということは、基本的な技術はあるのだという前提で回答しますね。ただし、バレーボールの技術に「基本」と「応用」という区別はありません。全てのプレーは、地道な基本の積み重ねでしか可能にならないので、常に基本の見直しと積み重ねは意識しましょう。例えばチャンスボールは、100%Aパスで返せますよね?うまいリベロだとピンポイントでアンダーパスのミートが出来るので、ワンハンドでもチャンスボールをAパスで返せます。例えば、コートの対角線で二段トスが上がりますよね?ジャンプトスは出来ますよね?現代バレーのリベロはセカンドセッターの役割が求められるので、アンダーでトスを上げることはもちろん、アタックライン付近のボールをジャンプトスできるくらいのオーバーパスの技術も要求されます。リベロはレフトでレシーブすることが多いので、レフトにあげるにはバックトスというか、斜め左後ろにジャンプトスを上げることになります。高校生だとまだ難しい技術ですが、高いレベルのリベロを目指すのであれば、セッター並みの技術が必要です。さて、ここまでは前置きで、ディグですね。ポジションにもよりますが、やはりレフトですかね?高校で県のトップを狙うくらいのチームであれば、かなり厳しいスパイクを拾う技術が必要ですね。基本は「姿勢」「反応」「ポジショニング」です。優秀なリベロは口をそろえて言うことですが、姿勢はとても重要です。特に強打を拾うとき、低く構えようとして猫背になってしまう選手が多いのですが、背筋(せすじ)を伸ばすこと。反応スピードは必須ですが、これは数多く経験するしかないですね。そして、最も重要なのは「ポジショニング」男子のハイレベルの試合ではポジショニングが全てといっていいくらい重要です。基本中の基本ですが、フットワークを使ってポジションに入ったら打たれる瞬間は必ず静止すること。それから、高校で県上位を狙うのであれば、ライバル校のエースのスパイクコースの分析はやっていると思うのですが、どうですか?もしやっていないのであれば、これは絶対に必須です。可能な限りビデオに撮って、平行、二段、時間差、バックアタックなど、分類してスパイクコースを分析しましょう。もう1つ、フェイントやブロックにはじかれたボールにどう反応するのかも重要ですね。足を使って突っ込めという指導が多いように思いますが、個人的な考えとしては、フェイントを狙いながら強打に反応するというのが理想のレシーブだと考えています。ここは選手によって考え方が異なるところなので、自分で試行錯誤してみてください。ナイス0
###レシーブの基本はミートとコントロールです。ミートとはボールの中心をしっかり腕に当てること。ポイントは腕のどこに当てるかです。そこに当たると一番ボールを上手く運べる部分があるはずだから、その部分があなたのレシーブのツボです。まずはツボを自分で確認してください。アンダーパスの時、常にツボを意識してどんなボールでもツボでミートすれば、ある程度思い通りにボールを運べるはずです。レシーブには必ず目的があります。第一に、次のプレーヤーにAパスです。第二に、味方がいる方向になるべく高く上げる。第三に、ぎりぎりの場合でもできるだけ上に高く上げる。これを念頭において腕の角度や加える力加減などを調節して、思ったところに運ぶ=コントロールです。 練習方法でおススメはアンダーパスの時に相手と6~9mくらい離れてパスすることと、相手と2~3m離れて片手で左右交互にパスする練習です。平行や山なりを織り交ぜてやると効果的だと思います。相手との距離感を図って力加減や方向、角度を考えながら練習すると実際のレシーブにも対応できるようになると思います。また、レシーブに必要なことに予測があります。予測とは相手を観察して次の攻撃やコースを想定して準備することですが、この場合の予測では正答率より考えて待つことが重要です。どういうことかというと、仮に予測と違った攻撃が来たとしても、常に観察して考えることで体の反応速度が速くなるので、結果的に対応できるようになるということなのです。もう一個、テニスの試合を思い出してください。相手のサーブを待っている選手がどんな動きで待っているのか?相手の動きに合わせて一緒に動いている、または相手と同時に動き出す、サーブを打つ瞬間に自分も動く・・・こんなシーンを見たことがあると思いますが、あれはバレーでも有効な動きだと思いますので、相手の攻撃(サーブ、スパイクなど)に合わせて自分も動くことをおススメします。基本的なことばかりで申し訳ないですが、これらが出来て初めてその上が見えてくると思います。ナイス0
###まず、基本姿勢を崩さず、綺麗な形でディグをすること。まあこれは大前提ですね。スパイクの回転とか見て、当てるだけでAパスになるようにボールを腕に当てられるようにしましょう。そこではまだ高さとかはあんま気にしなくて大丈夫です。確実にどんな角度、どんな場所からのスパイクもセッター位置にパス出来るように。それが無意識のうちに出来るようになってきたら、今度は身体を使って勢いを殺す練習。イメージを掴むには、直上アンダーで超高く→低く→超高く、、、ってやるのが最初。腕だけでなく、出来ればディグのような姿勢で高いボールをトンって殺す。そのあと実際のスパイクを受けてみる感じですね。あとはひたすらに回数をこなすこと。そして、ブロッカーとしっかりコミュニケーションを取ってスパイクのコースを限定→レシーブ出来るようにすると、先程のようなベストな体勢でAパスに繋げられると思います。また、スパイカーを観察して、クセとか色々考えつつコースに入れるように。自分の感覚なのでやりにくかったらいいのですが、スプリットステップという、スパイク前に数ミリジャンプ、ミートの瞬間に着地するようにするとそのあとのステップが踏みやすいです。フライングしながら取るものは面をひたすらセッターに向けること。勢いを殺せないのでとにかくコート内に上げられればそのようなボールはOKです。ナイス0

 

TAG