壁を作るという意味ですか、わかりやすい解説

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-17 00:00
壁を作るという意味ですか、わかりやすい解説をお願いします。補足身体の使い方で、左手で壁を作るとか言います。そのことです。共感した0###体幹で投げること。それを壁という。ナイス0
###しっかり投げると体のバランスが崩れる方は壁が甘いと言う感じかな。投げるポイント親指が抜ける位置本来は真下ぐらいだけど、そんな少しのズレを左手や蹴り足のタイミングで調整する事も壁を作る一つだろうと思います。要するに投げる時に体がブレないで止まって投げていれば壁は出来ていると考えて良いと思いますよ。ナイス0
###言わなくても分かる事ですが、何の為に壁を作る?体の中心から投げたいからですよね~。人間って腕は胴体や足は避けてスイングしようとすると思います。そして、それを避けたい。振り子と言う物は同じ場所や状態、時間や方向に動こうとすると思います、なので壁は前に投げる時に意識する物ではなく、後ろに振る時に意識しないと何の意味もないと思いますがどうでしょう?つまり後ろに振る時に壁を作る。ナイス0
###日頃よりのご精進、ご苦労様です。補足を見て、やっとわかりました(^_-)-☆左手ということなので、右投げですね。いくつか理由があります。「利き腕の肩を前に出さない」「壁を作って体を止めて利き腕を走らせる」「左手を出すことでバランスを取る」などが主な理由です。「利き腕の肩を前に出さない」利き腕の肩が前に出るということは、その分体が回っているということです。体が回ればコントロールが狂いますからボールは左に行きやすくなります。本人は引っ張ってないつもりでも左に投げてしまうときは、体が回っていることが多いです。対策鏡の前で両手をグルグル回してください。体の前では、手がおへその前を通ります。体の後ろでは、手が肩の外側を通ります。人の体はそうできているのです。片手にして同じ軌道を廻して廻している腕が鏡の方に真っ直ぐ向くように体を右に回します。どんどん回ってしまうと思いますがおへその前を手が通るのを思い出してその軌道を確保してください。それが質問者様のスイング軌道です。「壁を作って体を止めて利き腕を走らせる」ゴルフなどで、スイングすると体の前で手がクラブヘッドに追い越される瞬間があります。その動きがクラブヘッドを走らせることになります。スピードが出るようにするということです。対策しっかり壁で止まって投げるということです。体は先に回答したように少し右を向いていますから体の前でゴルフスイングのように手が走るのです。ただし!!!ボウリングの場合、投げちゃダメ!!!押しに行く意識はずっと後のことです。スイングなりに「手を放すだけ」くらいがいいと思います。特にスピード「左手を出すことでバランスを取る」質問者様の言うのと少し違うかもしれませんがしっかり壁を意識すると重心が定まるのでバランスがとれるようになります。対策最初の項目を維持するためでもあるのですが私は左肩と左頬(ほほ)を近づけるイメージで肩を前に「捻り入れ」ます。親指を下にすると、腕が少し捻れます。その肩口から2枚の壁の間に「ねじ込んでいく」イメージで投げています。どうでしょう、できそうですかね?ナイス0
###・大きな目標を定めないこと。・前足で踏ん張って体幹の突っ込みを抑えること。・部屋に仕切りを立てること。などなど。ナイス0

 

TAG