日蓮正宗(阿部・早瀨宗門)は何時からこんな

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-24 00:00
日蓮正宗(阿部・早瀨宗門)は何時からこんな宗教団体になってしまったのか・・・。末寺の門前を通れば、信徒と覚しき面々がまるでキャッチセールスの如く道行く人々に勧誘の声をかけ、入信を迫ることを繰り返す。あわよくば寺院の中に連れ込もうとさえする。最早この行為は、日蓮大聖人と日興上人が実践された本因下種を目的とする折伏弘教とは似ても似つかない、組織経営のために信徒獲得に汲々としている姿にしか見えない。更には現世利益を追求し、本門戒壇大御本尊を直拝しなければ利益も成仏もないと説く。これも最早日蓮大聖人の仏法を大きく逸脱した唯物的信仰といっても過言ではない。これも日蓮正宗に根深く残留する創価学会の悪しき因習の影響か?日興上人門下の正嫡として、一日も早く本来の姿に立ち還るよう日々祈願せずにはいられない。共感した0###>これも日蓮正宗に根深く残留する創価学会の悪しき因習の影響か?創価学会にはそのような「悪しき因習」は「残留」しておりません。「常識、良識豊かに」が一貫した指導です。>一日も早く本来の姿に立ち還るよう日々祈願せずにはいられない。世間を知らない出家が現実生活で泥にまみれて苦闘する在家を主導する構造は永久に変わらないと思いますよ。日蓮正宗における明確な「広宣流布観」はございません。 勧誘して増やそうとの積極的な動きも創価学会を切った後の近年のことです。 妬みややっかみ、坊さんの生活安泰、組織維持など、動機は不純ですが“増やそう”と意識すること自体、創価学会のおかげなのです。 「現状では正宗さんによる広宣流布は無理じゃないですか?」と言うと法華講員さんは、「何を言うんですか。それは貴方の我見であり、傲慢ですよ。日蓮大聖人は『広宣流布は大地を的とするなるべし』と仰っているじゃないですか。」と怒ります。 日蓮正宗は坊さん主導で勧誘を進めていますね。とにかくお寺に何とか連れ込んで坊さんが説得する、というやり方が基本です。ところが坊さんは「出家」いうだけあって世間を知らない。泥をかぶって生活した経験が乏しいため十人十色の庶民の気持ちが掴めない。人心の機微も感じ取れないので上から目線の一方的な話しかできない。この間も知人に引っ張られて「御講」に参加させてもらいましたが、15歳の中学生が「少年得度」試験に合格して、明日から大石寺で暮らすことになったということで参加者が拍手で祝っていました。この少年は社会経験も積まないまま、これから何年も「隔離」されて僧職の道を歩むことになるのでしょう。そしていつかは末寺の住職として、勧誘の説得に当たったりする主導的立場になるわけですね。「残念」を通り越して「気の毒」という気にさえなってしまう現状です。###いまは創価学会より阿部・早瀨宗門の方がたちが悪くなった様だ。
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###創価学会が出来たからじゃない?創価が出来て、教義に厳格(?)なシンパの影響を受けて、日蓮正宗は創価の言われるままに体質を変えていった。その結果、破門の後もなお、排他的且つ独善的な教団に成り下がった。近年の影響はこんなところでしょ。歴史的には、九代日有の頃に偽作され始めた文献類に端を発し、二十六代堅樹院がどうしようもないほどにオカルトの非仏教に改悪してしまった。そんなところでしょ。で、正信会はどうなの?いくつかの派閥があるらしいけどさ、ダイナマイトで吹っ飛ぶような板が日蓮の本懐のわけがない、なんて言ったとこもあるんでしょ?創価学会は破門した阿部日顕を管長と認めない、顕正会は細井日達を管長と認めない、正信会はやはり阿部日顕を管長とは認めない。なんだよね??結局、追い出された事への恨みからやってることは全く同じなんだよねw正信会がどんなとこかは知らないし興味も無いけど、風前の灯火、というのは当たってるように感じるけどね。興風談所の出版物はおもしろいし、研究内容もまじめで評価できるけど、残念だね。ナイス0
###学会に捨てられて日顕宗は地獄に落ちましたね。ナイス0
###もともと創価学会は法華講の一部の組織。そこから自ら独立した組織へなったように思います。池田氏がまだ登山に来ていたころは本山の法華講の講頭なども任務していましたから学会が法華講の一部の組織であったことは間違いありません。学会が勢力を伸ばし始めたのは昭和20年後、それまでは牧口常三郎氏が教育の理念で日蓮正宗の信仰を始めたように感じます。それまでの学会は創価教育学科という名前で名前のとおり教育に関する組織でした。戦後、創始者である牧口氏が獄中死して2代会長の戸田氏が創価教育学科を再建。名前も創価学会と改めましたが次第に創価教育学科は宗教色を濃くしていきます。もともと江戸時代末期まで教学を学ぶところはそれぞれの宗派である寺院でした。そこから創価学会が宗教色を濃くしてきたのではないかと思われる。折伏にしたって日蓮正宗の過去から類をみないほど成果を上げたのも創価学会です。1年足らずで75万・100万世帯を達成したりしましたからそれだけ日蓮正宗にとっては学会が法華講をけん引していく存在として確立させてきました。しかし、ある事件より創価学会を不審に思っていた信徒から弾圧を受けるようになる。それが昭和52年路線でこれには同じ畑である法華講員からも批判を受けるようになった。また同じ創価学会の組織からも脱会者が続出し正信会へ入籍する信徒や法華講本体へ移籍される信徒も増えました。そんな中、居残った学会信徒が独立路線へ転じていく。>日蓮大聖人と日興上人が実践された本因下種を目的とする折伏弘教とは似ても似つかない似るわけがないというのが本当の答えですね日興上人様の本因下種、創価学会からすれば、その本因の意味すら実感していないのでは?日興上人様が書いた御本尊すら御目通りしたことのない教義に何が語れるんだろうか?日興上人の夢想御書を読めば中が明らか。日蓮正宗の勤行要典の観念文にある強いて言えば三座は三師供養になりますが日蓮大聖人と日興上人、日目上人と続く。大聖人がなぜ日興上人を後に託したのかという内容も分かってきますね。常時給仕の毎日と大聖人と常に一体となっていた姿が蒙古襲来の前年に大聖人が夢を見るところでハッキリとしている。日興上人はそっと大聖人が気にされている蒙古襲来を同じくして予想されていました。だからこそ他のお弟子さんよりも折伏を実践され弟子への育成に励んでいたわけです。大聖人のために動いていたというよりは心を同じくして行動をしていたのが日興上人です。すでに血脈は日々の行動から師弟相対という姿で受け継がれていました。だからこそ大聖人様が最後の御入滅の時に日興上人を選んだわけですよ。これが時の猊下様の姿であり日蓮正宗の歴史でもある。所化から僧侶の修行が始まってから、その所化の力が試される日々だと思えば分かりやすい。今の猊下様もそうやって修行をされてきました。もちろん信徒の世界では信じられないような世界だろうと思いますが、これも大聖人の教えをそのまま受け継ぐためには大事な修行になります。ただ単に大聖人様のお心が分かっただけではなく、そのお心をどのように生かすべきかというところでしょう。折伏で返すのかお題目で返すのか?という選択もありますがどちらも長けていなければならないのが僧侶の世界。信徒を威力に沸き立たせるような指導者であるからこそ信徒は訪問折伏も実践します。これが創価学会や正信会のような僧侶だと間違ったことは間違っていると釘を刺されてしまう。大聖人の御在世当時は法華経を信仰する者は弾圧されて当たり前という世界でした。東条景信も平氏も北条氏も大聖人の教えである法華経を外道扱いにしていましたからね。あなたにそんな勇気はありますか?大聖人は清澄寺という関東では名門の寺院の優等生でした。法華経など説かなければ富も財産も得ていた人物です。実際に多くの武家が清澄寺の僧侶を外護し富を与えていました。それらを捨てて庶民のために全力で末法の世に生きる民衆を救済されたわけです。ナイス0
###元日初詣から池上本門寺門前で日蓮正宗信徒さんがビラ配ってましたね。情け無い、元日から他宗門前で何してるのか、多数の人にカルト臭振り撒いてるの気がつかないのですかね?ナイス0
###なにも心配はありませんよ。

 

TAG