電車の脱線って地震や急ブレーキ以外にどうい

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-24 00:00
電車の脱線って地震や急ブレーキ以外にどういう要因で起こるのですか?共感した1###西成線列車脱線火災事故(1940年)ガソリンカーの満員列車がポイントを通過中に駅係員が分岐器を誤作動させてしまって横転・炎上した事故。死者189人。松川事件(1949年)何者かによって線路継ぎ目のナットやボルト、犬釘が抜かれていた事件。死者3人。未解決。三河島事故(1962年)赤信号を盲進した貨物列車が安全側線で脱線したところに下り旅客列車が衝突・脱線、乗客が線路に降りたところへ更に上り旅客列車が突っ込んだ多重衝突事故。死者160人。鶴見事故(1963年)貨物列車の貨車が原因不明の脱線を起こし横転したところに下り横須賀線列車、次いで上り横須賀線列車が相次いで衝突・脱線した事故。死者161人。国鉄が実際に脱線実験を行なった結果、競合脱線(複数の原因が競合して起こった)が原因とされた事故。京阪電鉄置き石脱線事故(1980年)中学生5人のイタズラで線路上にU字溝の蓋が置かれて発生した事故。死者ゼロ、負傷者104人。日比谷線中目黒駅構内脱線事故(2000年)中目黒駅進入中の列車が突然乗り上がり脱線し、同駅を出発した列車と側面衝突した事故。死者5人。競合脱線とされた。JR福知山脱線事故(2005年)遅延を恐れた運転士の速度超過運転により、カーブでの遠心力で列車が飛び出し脱線・転覆・衝突した事故。死者107人。競合脱線の疑いもあり。羽越本線脱線転覆事故(2005年)特急いなほが猛吹雪と突風に煽られて脱線転覆した事故。死者5人。他にも踏切での自動車との衝突脱線や線路上の保守車両との衝突、餘部鉄橋や荒川鉄橋での突風脱線など、様々な原因がありますが、近年では原因はひとつではなく複合原因の「競合脱線」が増えているようです。ナイス0
###スピード超過で、線路からはみ出すとか(例:台湾での脱線事故)ナイス0
###衝突などの衝撃暑さでレールが歪む保線の不備故意にレールを破損車両の問題ナイス0
###>どういう要因1.外的要因・強い横風・路盤崩壊・軌道異常、分岐不具合・衝突、乗り上げなど2.内的要因・運転操作ミス・速度超過・荷重不均衡などナイス0
###突風による脱線転覆も。あるいは、列車同士や、自動車との衝突、線路をふさいだ土砂・岩への乗り上げにより。ナイス0
###単独事故なら線路異常、速度制限超過等が挙げられます。また、信号無視によって多重事故防止用の脱線ポイントに進入する事もありますし、車庫内での入れ替えで泣き別れなどもあります。ナイス0

 

TAG