昭和40年代に発売されていたモデルガンにつ

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-18 00:00
昭和40年代に発売されていたモデルガンについての質問です。漫画雑誌の広告に一丁3,000円~4,000円で販売されていて、銃弾に火薬を詰めて撃つと火花が銃口から出ました。また造りはずっしりと重い金属製で撃鉄も硬い感じが記憶に残っています。しかしその後、そのようなモデルガンは殺傷能力をもてる改造にできるものであったため、規制を受け、銃身が詰められ、色も金色になってしまい魅力がなくなったとも記憶しています。この規制を受ける前のモデルガンを合法的に入手することは現在可能なのでしょうか?Yahooオークションを見てもないようです。共感した0###無理です。規制前のものも、色を白か黄色(金色はOK)して銃口は閉塞しないと所持できなくなりました。(長物はそのままでOK)また46年規制、52年規制で引っかかったモノは販売目的での所持が禁止されていますのでやはり所持はできません。ただこの法律抜け道があって、国内での販売目的の所持が禁止なだけですので、例えばアメリカに輸出されたものを現地で購入して、輸入するのはOKです。※かなりグレーは気がしますけど一応OKの様です。ただその場合も、色は黄色か白にして、銃口を詰めないと輸入できませんけどね。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###構造的に合法である『sm』刻印のモデルガンでさえ売買や譲渡が禁止されているのに、それ以前のモデルガンが合法的に入手できるわけがありません。当然ながらヤフオクなどにも出品不可能ですから、いくら探しても出てこないのは当たり前です。f(^_^;ナイス1
###昭和46年規制以前のモデルガンはデトネーターを使用しない、後撃針センターファイア・チョークバレルによるガス圧BLKなど実銃に近い構造を持つものもあり、銃腔閉塞と表面着色が施されていないものは「模造けん銃」に該当し所持自体が禁止されています。違反した場合20万円以下の罰金が課せられます、したがって、マニアが隠し持っていたとしても当然ですがオークション等に出ることはありません。ナイス1

 

TAG