福島原発が安全と言われていてあの事故の中、

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-18 00:00
福島原発が安全と言われていてあの事故の中、本当に国民を危険なめに会わせない最善の安全は原発を無くす事。それ以上の安全はないですよね?共感した0###その通りです。地震と津波に襲われ、福島原発の所長や作業員は必死の努力をしたにもかかわらず、過酷事故を避けることが出来なかったのです。 原発事故ほどの過酷事故は他の『発電所』では起こりません。 原発の過酷事故はいつか必ず起こるのです。だから、原発以外の方法で発電するべきです。 原発より、安全で、クリーンでコストの安い『発電』が出来る時代になったのです。もう、原発は『廃止』するべきです。ナイス0
###別に原発事故が最悪のリスクではないので、ゼロリスクの話をされても困る。原発があろうが無かろうが、東日本大震災並の自信が起こる可能性は常にあるのです。ナイス0
###他の電源にも危険はあります。大気汚染で毎年700万人死亡 WHOが化石燃料削減呼びかけ | NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181206/k10011736511000.html過去40年間における各エネルギー源の1兆kWhあたり死亡数石炭 100,000バイオマス 24,000天然ガス 4,000水力 1,400太陽光 440風力 150原子力 90地球環境科学者 ジェームズ・コンカ博士 @フォーブス誌化石燃料が世界の保健医療システムに及ぼす影響は死亡だけでなく致命的でない健康への影響や失業日数においても重要な意味を持ちます。石炭とガスの代わりに原子力、水力、再生可能エネルギーを使用することは実際に人命を救うことに注意することが重要です。原子力と水力によって回避された死亡者数は、石炭とガスから発生したであろう60年以上にわたる数十億kWhの電力を発電しているため、数百万人になります。https://www.forbes.com/sites/jamesconca/2018/01/25/natural-gas-and-...自然と人間を守るための研究組織 Environmental Progress (EP)最新の研究結果が示す原子力発電による驚くべき健康効果 April 04, 2017過去半世紀で石炭が原子力に置き換わったことにより世界で184万人の命が救われた。スリーマイル島事故後、原子力発電所2か所が閉鎖されて石炭発電に置き換わった結果、健康の重要な指標となる出生時体重が減少した。日本やドイツは福島第一の事故後、原子力発電所を閉鎖し、石炭発電所が新設される方向。ドイツは二酸化炭素排出量が増加した。再エネは置き換えるには信頼性に乏しい。原子力は弱者の健康を守るために重要な役割を果たす。http://www.environmentalprogress.org/big-news/2017/4/4/new-study-fi...リスクによる寿命短縮原子力発電所近辺に居住 0.4日ダム決壊 1日大気汚染 80日https://pbs.twimg.com/media/De4a0w5UwAEuNSi.jpg世銀 2016年度版レポート、大気汚染による経済的損失を算定日本については、大気汚染由来の死者数は64,428人、労働所得の損失は44億1400万ドル、厚生上の損失は2403億5300万ドル(以上全て2013年度)と見積もられています。http://sekitan.jp/info/wordbank-report_2016/MIT、低炭素目標達成に原子力が必要との報告書を発表2018年10月1日マサチューセッツ工科大学(MIT)とアイダホ国立研究所(INL)等は2018年9月3日、研究者、政策立案者、産業界に向け「低炭素社会における原子力エネルギーの未来」と題する共同研究報告書を発表した。同報告書は、MITが発刊する「低炭素社会におけるエネルギー需要増加に適合した技術の探索」シリーズの8作目。同報告書の解析によると、「世界で増加するエネルギー需要を満足しつつ2050年のCO2削減目標を達成するためには、各電源の組合せが必要であり、その中で原子力は非常に重要である。原子力がないと、目標達成はより困難で高コストになる」とされる。「憂慮する科学者同盟」温暖化防止に原子力は必要と報告 2018年12月12日米国の「憂慮する科学者同盟」は2018年11月8日、最新の報告書「原子力のジレンマ:利益の減少や早期閉鎖と炭素増加」を発表した。その中で新たな見解として、地球温暖化防止のため、再生可能エネルギーとともに原子力も必要との考えを表明し、政府に原子力への支援策を求めた。国レベルの炭素税や低炭素電源利用制度(low-carbon electricity standard)の導入を促している。憂慮する科学者同盟は、1969年、ベトナム戦争が激化しカヤホガ川の汚染が深刻になる中で、マサチューセッツ工科大学の科学者と学生によって創設された。創設者は、米国政府が科学を悪用していることに愕然とし、科学研究は軍事技術から離れて環境や社会の問題の解決に向かうべきだと宣言した。現在、地球温暖化、核軍縮、科学と民主主義などの問題に取り組んでいる。 ニューヨークタイムズ紙社説チェルノブイリの正しい教訓 「原子力に危険が伴うのは事実だ。しかし過去に起こった原子力事故は、石炭、ガス、石油といった化石燃料の燃焼が地球に及ぼすダメージに遠く及ばない。」http://www.nytimes.com/2014/05/02/opinion/the-right-lessons-from-ch...クリーンエネルギーを分析しているブルームバーグ・ニューエナジー・ファイナンスの諮問委員会委員長 Michael Liebreich「原子力は石炭火力発電よりもはるかに安全です。億kWhあたりの死亡はスリーマイル・セラフィールド・チェルノブイリ・福島の事故を含めても先進国で15倍低く、中国の石炭火力発電よりも300倍安全です。」http://about.bnef.com/blog/liebreich-nuclear-thin-end-failing-wedge...原子力肯定論語る元反核運動家たち、サンダンス映画祭:AFPBB News 「原子力こそ最良のクリーンエネルギー」http://www.afpbb.com/articles/-/2922637 映画『パンドラの約束』監督インタビュー なぜ環境保護派が原子力を支持するのか「もし、あなたが将来の世代の幸福や健康を気にかけるならば、あなたの一番の懸案は、可及的速やかに二酸化炭素の排出を減らすことでなくてはなりません。二酸化炭素は、我々が子孫へ残している有害な遺産です。それに比べ、放射性廃棄物はとるに足らず、簡単に処理できるのです。」http://www.pandoraspromise.jp/director.htmlドイツで潰えたグリーン電力の夢石炭火力発電が大きく伸び、ドイツのCO2排出量は15、16年と連続で増えた(17年には微減)。ドイツは今なおヨーロッパ最大のCO2排出大国だが、アンゲラ・メルケル首相は汚名返上に努めるどころか、20年までに1990年比の40%という削減目標を撤回するありさまだ。わずか数年前、パリ協定の採択に向けた議論が行われていたときには、ドイツはEUの気候変動対策のリーダーを自任していた。だが最近、ミゲル・アリアスカニャテ欧州委員会気候行動・エネルギー担当委員が30年までの削減目標を90年比40%から45%に引き上げようと提案すると、メルケルは渋い顔をした。https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/10/post-11138.phpナイス0
###また放射脳パヨクの工作やらせ質問か(笑)ナイス0

 

TAG