示談書の書き方:不動産屋に家賃を横領された

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-18 00:00
示談書の書き方:不動産屋に家賃を横領された場合賃貸物件の管理を委託していた不動産屋が支払われた家賃を私的に流用していました。はじめは賃借人の滞納だと思っていたので(不動産屋からもそういう説明があった)弁護士に相談する旨を伝えると不動産屋自ら白状しました。額は300万ぐらいです。弁護士に委任する前に横領された300万は支払われたため、弁護士からは今から契約しても報酬などが勿体無いから示談などするなら自分でやったほうがいいと言われ現在に至ります。また弁護士からは債務不履行による横領されていた2年間の家賃の管理費、更新費の管理費、損害遅延金などが示談として妥当だと言われております。示談書の内容などはこちらで作成するのですが不動産横領のケースの示談書テンプレなどが中々しっくりするのが見当たらないため内容や文章をご教授ください。「横領自体は8年前から行っていたらしいので本当は8年間債務不履行だけど2年にしてるよという感じも入れたいです。」また、示談書を送る前に別の書類を作成し金額の合意を得てから示談書をおくったほうが良いのでしょうか?相手とは電話で話し示談書が送られてくることには納得していますが金額の内容は見てから考えますという返事だったため。何卒よろしくお願いします。共感した0###不正行為を行った期間、流用した金額等を記載し、将来的に「不正行為を行ったこと」を文書として残し、謝罪文や再発防止をさせない事の確約を記すことです。(不正行為の内容は出来るだけ詳しい方がいいと思います)次に今回の示談内容(金額、支払方法等)の記載です。「示談金を受領することにより、今後は双方本事案に関して一切の請求、要求を行わないものとする」ということと「本事案に関する一切について、第三者に口外、開示しないものとする」という内容も記載した方がいいでしょう。示談書は法人と締結するのですか?ナイス0

 

TAG