保育園の発表会の役決めについて保育園の発表

Writer: admin Type: spinning Date: 2019-01-28 00:00
保育園の発表会の役決めについて保育園の発表会でももたろうをやることになりました。希望の役は枠がいっぱいとのことで、くじ引きになりましたが、ハズレ。第2希望もハズレ。1番やりたくない鬼の役になりました。その日、泣きながら報告を受け、家ではほとんど口も聞かない状態でした。次の日の保育園も嫌々の登園。練習も参加してなかったとのことでした。先生は「どの役も大事」と説明してくれてたみたいですが、一握りのやりたくない役に当たった子達には試練のようなものな訳で…と思ってしまいます。自分の子がその一部に入ったのもありますが、せめて第2希望に入れてあげるべきだったのでは?と思うのですが…。役を変えてとは言いませんが、もう少し決め方があるのでは?と伝えるのはおかしいですか?共感した0###私が感じたのは、質問者様ご自身にも保育士にも反省すべき点があると思います。決め方がわからないため、決め方については何も言えません。ただ、保育士はやりたくない役になったお子さんにきちっとフォローが行き届いていないところはまずいと思います。そこならば親御さんから指摘して良いかと思います。質問者様に対しては、>第2希望に入れてあげるべきではというところが気になりました。お子さんが第2希望になれたところで、誰かは必ず鬼役が回ってきます。もし鬼を希望しているお子さんが他にいなくても、ご自分のお子さんさえ良ければ他のお子さんが望まない役でも良いと聞こえます。また、今後同じような試練は何度も起こります。嫌なこと、苦手なこと、気のすすまないことと向きあえない、向かい合わせないように大人が先回りするのが良い保育、良い担任ということでしょうか?保育園や幼稚園の行事は試練の意味もあるんですよ。単に楽しく楽しく保護者と子どものための思い出作りではありません。その行事を通してお子さんが成長するから、成長させるために行事をするんです。良いきっかけだと思って、鬼の役割の大切さ、やりたくないことに向き合うこと、取り組むことの大切さを伝えてあげてください。これは親と担任と双方から伝えないとお子さんには伝わりません。私も年長児の担任を何度かしています。おじいさん、おばあさんや悪役はまぁ人気がないです。けれど、全員が役決めに納得する状態を作ってから練習に入ります。衣装をきらびやかにしたり、出番を増やしたり、個別に呼んで「あなたにしかできない難しい役なの!」と言ったり、まぁ色々しましたが…。小学生と違ってこの年齢の子は親や担任の言葉掛けでいくらでも気持ちを持ち直せます。お母様がネガティブな限り、お子さんは変われませんよ。担任の先生には、・鬼役が嫌で泣いている・どのように声をかければ良いかわからない・モチベーションを上げられるためにも先生から声掛けをしてもらえないだろうかみたいな聞き方ならカドも立たないかと思います。ナイス0
###言葉足らずですみません。うちの子さえ良ければとかではなく、子ども達全員が納得出来るような形にして欲しかったんです。今更決まった役を変えて欲しいとは思っていません。私が望んでいた状況の取り組みをされている先生をベストアンサーにさせて頂きます。家でもフォローしていきたいと思います。他の方もありがとうございました。###質問者様のお子様限定で、くじ無しで第二希望に入れてあげるってことですか?それこそ不公平ですよね。皆んなが納得がいく決め方があるなら、逆に教えてほしいです。ナイス2
###親の考え方が間違っています。どれも大切な役だと言った先生の言葉を、子供が理解できるよう説明してやるのが母親の役割りです。ナイス1
###全員桃太郎。鬼なし。みたいなのが良いってことかな。ナイス0
###うーーーーーん、主様の気持ちもわかりますがじゃあ反対に聞きますがそのほかのやり方は何がいいと思いますか?保育士をしていますがその決め方、妥当なところだと思います。もちろん一番したくない役になってしまったお子様には担任も複雑な気持ちはあると思います。けれど劇をやる年齢ですから理解ができない子ではないですよね?もちろん担任が子どもに上手に話してしたくない役でも諦めて、役が欠けると劇が成立しないことの大切さなどを伝えることも必要です。でもその試練を違う形で生きてく上で経験してくこと増えますよね?もっと大変な試練も必ずきます。今回はその試練の1つだと思った方が良いと思います。厳しいことをいって申し訳ないです。ナイス0

 

TAG